芸術の秋に♪繊細で圧倒的なスケールの…

芸術の秋に♪繊細で圧倒的なスケールの砂像の世界へ!

本日は、珍しく食欲の秋ではなく芸術の秋に関する話題を!(^_^;)
先日、世界初の砂像の屋内展示施設「鳥取砂丘砂の美術館」へと
秋晴れのなか、行ってまいりました~♪
第7期展示となる今年のテーマは、
「砂で世界旅行・ロシア編~大国の歴史と芸術の都を訪ねて~」。

場内に入り、まず目に飛び込んでくるのが、
今展示のランドマーク的存在で、
最大規模を誇る「クレムリンとワシリー大聖堂」!
その圧倒的スケールに、目は釘づけ!ついでに口もあんぐり\(◎o◎)/
きっと間抜けな顔だった事でしょう(笑)
その他にも建国期を表現した「リューリク~建国のヒーロー」など
10ヶ国から過去最多となる19人の砂像彫刻家が制作した21もの作品が
帝政ロシアから旧ソ連時代を経て現代のロシアに至る歴史をたどる形で展示されています♪♪

興味深々で、あまりに近づいて見ていたせいか?、ただ怪しかったのか?
警備の方が、様子を伺っているように見えたのは
気のせいだったのでしょうか!?(^_^;)
まあ!とにもかくにも、砂像を目の当たりにいたしますと、
その存在感、迫力もさることながら、
細部に至る緻密さ、繊細さに只々感動です!!

当館から「砂の美術館」ならび「鳥取砂丘」へはお車で約1時間。
皆さまも砂の織り成す大国の息遣いを体感してみませんか?

Follow me!