癒しの森「但馬高原植物園」のシンボル…

癒しの森「但馬高原植物園」のシンボルツリーである「和池(わち)の大カツラ」と同じく樹齢千年を超えると言われるのが「樽見(たるみ)の大ザクラ」、別名「仙桜(せんざくら)」!!
こちらも、ご覧の通り見頃を迎えており、お花見をするには今週末が絶好のチャンスですよ(^^)/

桑畑の石垣が残る登山道を抜けた先に、見上げる高さ約14メートル、根回り約8m、目通り幹周約6.3mの威容を誇る大桜の佇む姿は神々しくすら感じます!!

そして、近づくにつれ増すその迫力たる姿、また横に大きく広げた枝いっぱいに小ぶりな花が無数に咲き誇る様は、まさしく圧巻の眺め!!ため息がでます♪♪

また、この山間の地に1千年以上も悠久の歴史を刻んできたのかと・・思いを馳せて眺めると、さらに感激ひとしお(>_<)

国の天然記念物にも指定される県下最大のエドヒガンザクラで、全国でも樹齢 、幹周りともに10指に入る大変貴重な桜です♪♪

「樽見(たるみ)の大ザクラ」へは登山道入口までお車で約30分、登山道入口から大ザクラまで徒歩約20分。スニーカー等の動きやすい履きなれた靴でお越しくださいね!!
とにもかくにも一見の価値ありですよ(^^)/

Follow me!